声を響かせる方法はこれしかない!【声量・表現力UP!!の秘訣】

声を響かせるにはどうすればいいんだろう

今回はこんなお悩みにお答えします。

本記事の内容

  1. 声を響かせる方法【3ステップ】
  2. 音階を使った共鳴腔をコントロールする練習
  3. ポップスで響きを使う具体例:「千の風になって」をポップス寄りに歌う

本記事の執筆者

声を響かせるにはどうしたら良いか。これも私が大学生の時にめちゃくちゃ悩みました。

のどを開くとか大きく口を開けるとかざっくりとした言い回しばかりで迷いますよね。

なので今回は解剖学の知識と私の実体験をもとに声を響かせる方法とその練習方法を徹底解説いたします!

声を上手く響かせることができれば自然と声量も上がりますし、歌に抑揚をつける時にも役立ちますので表現力アップにも繋がります。

今回も動画、画像、音声を使ってより具体的に解説していきますので是非最後までご覧ください!

それでは行ってみましょう! エンジョーイシンギング!

参考文献

本記事はこちらの本の内容を参考にしています。

腹式呼吸のやり方、共鳴、姿勢など歌に関係する体の使い方が網羅的に解説されています。

プロを目指す方は絶対に持っておいて損はありませんから是非お手に取ってみてください!

目次

声を響かせる方法【3ステップ】

結論を言ってしまうと声を響かせるには

共鳴腔を広げて響かせる。ということです。

具体的なやり方を以下3つの順番で詳しく解説していきます。

  1. 共鳴腔とは
  2. 共鳴腔の広げ方・響かせる練習方法
  3. 共鳴腔を広げる・響かせる時の注意点

それと声をより響かせるには息の量も必要になりますので腹式呼吸の習得が欠かせません。

腹式呼吸をまだ習得していない方はこちらの記事で詳しく解説していますので是非ご覧ください!

①共鳴腔とは

共鳴腔とは図の赤で囲んだ3つになります。これらは空洞になっていて声が反響するようになっています。

鼻腔口腔咽頭腔の3つですね。

咽頭腔を響かせる際は軟口蓋を開いたパターンとのど仏を下げたパターンの二種類がります。

わかりやすくするために、次の広げ方・響かせる練習方法では咽頭腔を中咽頭下咽頭に分けて解説します。

わかりやすい例え

②共鳴腔の広げ方・響かせる練習方法

共鳴腔それぞれの広げ方・響かせ方の練習方法を図でまとめました。

動画でもまとめましたので響き方の違いを確かめてみてください。それぞれのポイントを意識しながら実際に声を出してみましょう!

動画で解説

いかがでしたでしょうか。今までと大分音量が違いませんか?

次は共鳴腔を広げる・響かせる時の注意点です。

ここがめちゃくちゃ大事ですので必ずご覧ください!

③共鳴腔を広げる・響かせる時の注意点

共鳴腔を広げる時はあくびをするときのようなほんの少しの力加減で十分です。しかし最初のうちはどうしても共鳴腔の周辺の筋肉に力が入ってしまいますよね。

力が入ってしまうと経験があるかもしれませんがこのような問題が発生します。

  1. 上手く声が響かない
  2. 声帯にも力が入ると声が裏返りやすくなる
  3. 高音が出しにくくなる

こういった問題は致命的ですよね。

ではどのようにして力を抜くのか。次で解説していきますが、共鳴腔の周辺の筋肉と言っても数が多すぎてわかりづらいと思います。

なので特に大事な舌と首の力を抜くコツをご紹介します。

舌と首の力が抜ければ大分発声が楽になりますし、声もよく響いてくれますので是非ご覧ください!

舌:リラックスして歯の後ろにくっつけておく

舌は常にリラックスして歯の後ろにくっつけておくことを意識しましょう。くっつけると言っても下の歯を押すような強さではなく、軽く触れておく程度です。

のど仏を少しでも下げようとすると、舌も一緒に喉の奥に引っ込んでしまいがちです。(私もそうでした。)

なぜなら舌からのど仏までは様々な筋肉でつながっていからです。(下図参照)

練習する時、鏡を見ながら舌が奥に引っ込んでいないか確認しながらやってみましょう。

ちなみに順番はというと

オトガイ舌筋→オトガイ舌骨筋→舌骨→甲状舌骨筋→甲状軟骨(喉仏)

オトガイ舌筋は伸縮する舌そのもの、舌骨は顎とのど仏の間にある骨です。

触って確認してみましょう。

首:頭蓋骨と首の接続部分を意識して力を抜く

首の力を抜くには首と頭蓋骨の接続部分を意識しましょう。

首と頭蓋骨の接続部分は両耳の間の数cm下にあるとイメージします。(下図参照)

力が入っているなと感じたら、発声中でも良いので接続部分を意識して頭を揺らしてみましょう。

首の力が抜けると舌の項目で説明した筋肉もリラックスできますので、声が格段に出やすくなるかと思います。

接続部分

ついでに首の筋肉はどんなものがあるのか貼っておきます!

首の筋肉

これだけの筋肉の力を一気に抜くことができます。おトクです。

無意識的に力が入ってしまうのはやはり日々ボイトレを行って自分の癖を見つけて改善していかなければなりません。

ボイトレまでしなくても普段の生活の中で軟口蓋を動かしたり、のど仏を下げる練習をしてみましょう。

目標は独立してそれぞれ動かせるようになることです!

音階を使った共鳴腔のコントロール練習【4パターン】

それでは音階を使って共鳴腔をコントロールする練習をしてみましょう。

音階は上昇→下降、下降→上昇するものであればなんでもOKですが、今回はこちらの楽譜のように『ドレミファソファミレド』と『ソファミレドレミファソ』で行います。

共鳴腔は音階の上昇とともにだんだん広く、下降とともにだんだん狭く、そしてその逆を練習します。ついでにボリュームも楽譜通りにコントロールしてみましょう。

これができるようになると、歌の抑揚のコントロールにもつながります!

さあやってみましょう!

注意事項

・腹式呼吸で行う

・舌・首の力を抜く

・開く時は大げさにやってみる

・1オクターブ上げて裏声でもやってみる

・テンポは80〜90くらいがおすすめ

今回の例は口腔、中咽頭、下咽頭を広げるやり方ですが、もしできるようであれば、鼻腔のみ、口腔のみなど一つの共鳴腔でやってみるとさらにレベルアップできます!

めちゃくちゃ難しいですけども。

ポップスで響きを使う具体例:「千の風になって」ポップス寄りに歌う

最後は声の響かせ方をどう歌に活かすかというお話ですね。

秋川雅史さんの「千の風になって」を題材に説明します。

もちろんすべての響きをバランスよく使えると声量のあるいい声になりますが、それとは別に響きをコントロールできると独特な自分だけの歌い方を作ることもできます。

この曲自体はご存知の方も多いかと思いますが、一曲まるまるのど仏を下げる響きを使っていますね。

ではこれをのど仏を下げずに歌うとどうなるか。

お手本

いかがでしょうか?

曲の雰囲気が秋川さんの歌い方より大分変わりますよね。これは人によって違うものですので今回の私の歌い方が正解ではありません。曲をどう表現したいかやどの響きを使ったら歌い易いかによって変わるからですね。

大事なことは曲中のどこでどんな響きを使うかということを決めておくことです。

例えば

〈高音では必ずのど仏を下げる〉

〈一曲まるまる口角を下げて歌う〉

〈一曲まるまる鼻腔を響かせる〉

という感じですね。

こんな風に個性的な歌い方を作れますね。

前述したように大事なのは曲をどう表現したいかということと録音して聞いてみて自分が良いと思うか、他人が良いと思うかです。その点を考えながら模索してみてください。

個人的にはポップスを歌うのであれば口角は常に上げておいて、基本的に口腔と中咽頭を響かせる歌い方がおすすめです。

曲によって変えて実験してみよう!

まとめ:響きの練習で表現力・声量アップをめざそう!

今回の内容は難易度高めの内容でした。けれども響かせ方をマスターできれば本当に声量も上がりますし表現の幅がものすごく上がります。

とことん自分と向き合って是非マスターしてください!見える景色が違うと思います。

本記事の要約

声を響かせる方法【3ステップ】

①共鳴腔とは

②共鳴腔を広げる・響かせる練習方法

③共鳴腔を広げる・響かせる時の注意点

音階を使った共鳴腔をコントロールする練習【4パターン】

共鳴腔:広げる⇆狭める

音階:上昇・下降、下降・上昇

ポップスで響きを使う具体例:「千の風になって」をポップス寄りに歌う

千の風になってを歌い方を変えて解説

曲のどこでどんな響きを使うか決めておく

〈高音では必ずのど仏を下げる〉

〈一曲まるまる口角を下げて歌う〉

〈一曲まるまる鼻腔を響かせる〉

最後まで読んでいただきありがとうございました!

それではまたお会いしましょう。エンジョーイシンギング!

参考文献

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

昭和音楽大学卒業→歌唱指導経験3年→メジャーアーティストのコーラスに参加→現役シンガーソングライター。10年以上歌を研究。その成果をプロを目指す方々へ発信中。

目次
閉じる